としょかんのつかいかた(漢字まじり)

(ひらがなのみ) ひらがなだけの「としょかんのつかいかた」にしたいときは、ここをクリックしてください。
   

ようこそ図書館へ

  • 図書館は、だれでもじゆうにつかえます。
  • りようしゃカードを作れば、本やビデオをかりたり、よやくすることができます。
    図書館でカードを作ったり、本やビデオをかりるのに、お金はいりません。
    *図書館の中で本を見るだけなら、りようしゃカードはいりません。
  • 図書館は、図書館をつかっている人のひみつをまもることを大切にしています。
    「だれが何をかりた」ということはもちろん、「何の本をよやくした」ということも、1人1人のだいじなひみつです。
    みんなのひみつを、ほかの人に教えることはありません。
  • 絵本やかみしばい、ずかんやよみものなど、図書館にはいろいろな本があります。
    本のほかに、ざっしやビデオなどもあるので、みんな来てくださいね。
 

りようしゃカードの作りかた

  • りようしゃとうろくもうしこみしょに名前などを書いて、なふだといっしょにカウンターにもって来てください。
  • りようしゃカードは、仙台市立の7つの図書館、10の分室、いどう図書館、せんだいメディアテーク「映像音響ライブラリー」の、どこででもつかえます。
  • りようしゃカードは、仙台にすんでいる人、仙台の学校に通っている人、仙台ではたらいている人、13の市・町・村にすんでいる人なら、だれでも作れます。
    *13の市・町・村は、塩竃市・名取市・多賀城市・岩沼市・亘理町・山元町・松島町・七ヶ浜町・利府町・大和町・大郷町・富谷町・大衡村 です。
 

本やビデオをかりるとき

  • かりたいものと りようしゃカードを、カウンターにもって来てください。
  • かりられるのは、ぜんぶの図書館あわせて、
    • 本やざっしは、7さつまで、2週間
    • ビデオやCDなどは、2点まで、2週間 です。
  • もういちどかりたい時は、図書館にもってこなくてもカウンターで1回だけ、その日から2週間、かえす日をえんちょう(のばす)ことができます。
    *かえす日がすぎていたり、ほかの人のよやくが入っている本やビデオは、えんちょうできません。
    *また、かえすのがおくれているものがある人は、えんちょうできません。
  • かえすのがおくれている本やビデオなどが1つでものこっていると、その間は何もかりられなくなるので、気をつけてください。
 

本やビデオをかえすとき

  • かえすものをカウンターにもって来てください。りようしゃカードはいりません。
  • 本やざっしは、7つの図書館(市民図書館・宮城野図書館・榴岡図書館・若林図書館・太白図書館・泉図書館・広瀬図書館)といどう図書館、どこにでもかえせます。
    ビデオやCDなどは、6つの図書館(宮城野図書館・榴岡図書館・若林図書館・太白図書館・泉図書館・広瀬図書館)と せんだいメディアテーク「映像音響ライブラリー」のカウンターにかえせます。
  • 図書館がお休みのときは、本やざっしは、へんきゃくポストに入れてかえせます。
    ビデオやCDなどは、こわれやすいので、へんきゃくポストに入れないでください。あいている時間にかえしましょう。
 

あいている時間

  • 火曜日から金曜日は、午前10時から午後7時まで(市民図書館は午前10時から午後8時まで)
  • 土曜日・日曜日・休日は、午前10時から午後5時まで(市民図書館は午前10時から午後6時まで)
  • 分室のあいている時間は、分室のページを見てください。
 

お休みの日

  • 月曜日(*)
  • 休日のつぎの日(*)
  • 1月から11月までの第4木曜日(*)
  • ねんまつねんし(12月28日から1月4日まで)
  • 本やビデオのせいりきかん

(*)の日が休日の時はお休みしないで、かわりにそのつぎの日がお休みになります。

くわしくは、図書館カレンダーを見てください。

 

本やビデオをさがすには

読みたい本や、見たいビデオなどをさがすには、3つのほうほうがあります。

1. 図書館のコンピュータ(かんないOPAC)をつかって、自分でさがす。
  • 本の名前は、さいごまで入れなくてもだいじょうぶ。とちゅうまででも、おぼえているとちゅうのことばだけでもさがせます。ただし、「花」や「のりもの」など、よくつかわれることばだけでさがすと、たくさんの本が出てきてしまうのでちゅういしてください。
  • 本の名前だけでなく、書いた人の名前などでもさがすことができます。
  • さがすじょうけんを「ないよう」にしてさがすと、ないようのキーワードでもさがせることがあります。
2. インターネットをつかって、自分でさがす。
本などをさがすページへいきたい人は、ここをクリックしてください。
3. 図書館の人に聞いて、さがしてもらう。
  • 「さがしかたが分からない」「自分でさがしたけど見つからない」「○○について書いてある本をさがしている」
    そんな時は、図書館の人に聞いてください。
  • 本の名前や書いた人の名前が分からなくてもだいじょうぶ。しらべるおてつだいもします。
 

よやくする

  • かしだし中の本やビデオなどは、よやくすることができます。
  • よやくできるのは、ぜんぶの図書館あわせて、
    • 本やざっしは10さつまで
    • ビデオやCDなどは3てんまで です。
  • 本やざっしは、7つの図書館(市民図書館・宮城野図書館・榴岡図書館・若林図書館・太白図書館・泉図書館・広瀬図書館)から えらんで、うけとることができます。
    CDやビデオなど(限定DVDと限定VHSはのぞく)は、6つの図書館(宮城野図書館・榴岡図書館・若林図書館・太白図書館・泉図書館・広瀬図書館)と せんだいメディアテーク「映像音響ライブラリー」から えらんで、うけとることができます。
  • よやくしたものがよういできたら、電話でれんらくします。電話がきたら1週間の間にかりに来てください。
 

分からないことがあるときは

  • 「さがしているビデオがどこにあるか分からない」
  • 「○○についてしらべたいけど、どうやってしらべたらいいか分からない」
  • 「図書館のコンピュータはどうやってつかうの?」 など

分からないことやこまったことがある時は、図書館の人に聞いてください。

 

コピーしたいとき

  • 図書館の本やざっしなどを、コピーすることができます。(1まい10円)
  • コピーができないものもあるので、コピーする時は図書館の人に聞いてください。
 

「おはなし会」ってなあに?

  • 毎週水曜日、午後3時から3時30分まで、絵本を読んだりかみしばいをしたりする「おはなし会」をしています。
  • そのほかにも、図書館では、えいが会や人形げきなど、いろいろなぎょうじをしています。
    くわしく知りたい人は、おはなし会・ぎょうじのページを見てください。
 

図書館からのおねがい

  • 図書館では、しずかにしましょう。
    図書館ではいろいろな人が本を読んでいます。
    大きい声を出したり、走ったりすると、ほかの人がびっくりするし、ぶつかるとあぶないので、図書館ではしずかにしましょう。
  • 本やビデオは、大切にしましょう。
    らくがきしたり、ビデオのケースをこわしたりすると、みんながこまります。
    図書館の本やビデオは、みんなのものです。大切につかってください。
  • 図書館の中では、のんだりたべたり、しないでください。
    本がよごれると、その本がつかえなくなってしまいます。
    のみものをこぼしたり、たべものをちらかしたりすると、みんながこまります。
    図書館の中でのんだりたべたりするのはやめましょう。
  • かえす日をまもりましょう。
    かえすのがおくれると、ほかにまっている人がこまります。
    かえすやくそくの日はまもりましょう。