トップページ > 利用案内> 大学図書館との連携 

大学図書館との連携

 

仙台市図書館では、地域や市民に役立つ図書館となるための取り組みとして、市内大学図書館との相互利用や紹介状の発行、学都仙台OPACへの参加など、「学都仙台」を活かした大学図書館との地域連携を進めています。

 

資料の相互利用

宮城教育大学附属図書館の資料を、仙台市図書館に取り寄せて利用することができます。

利用できる方

仙台市図書館及びせんだいメディアテークの利用者登録を行っている方

利用できる資料

宮城教育大学附属図書館の館内所蔵資料
ただし、雑誌、視聴覚資料、研究室所蔵、参考図書、現行教科書、閉架書庫資料、貴重図書等は、利用できません。

利用できる冊数および期間

7冊まで2週間(仙台市図書館の利用冊数に含む)

利用方法

サービス実施館(市民、広瀬、宮城野、榴岡、若林、太白、泉)の窓口で直接お申込みください。

 

紹介状の発行

特定の大学図書館や専門機関等にしか所蔵がない資料の閲覧・複写を希望される場合、公共図書館からの紹介状を求められることがあります。仙台市図書館でも、大学図書館や専門機関等へ紹介状を発行するサービスを行っています。

利用できる方

仙台市図書館及びせんだいメディアテークの利用者登録を行っている方
※大学生、大学院生、大学教職員の方は、所属する大学図書館にご相談ください。

紹介状発行の流れ

  1. 閲覧・複写等を希望する資料の利用の可否や、利用にあたっての条件等について、ご自身で相手先機関に確認する。
  2. 利用者カードをお持ちのうえ、お近くの図書館(市民、広瀬、宮城野、榴岡、若林、太白、泉のいずれか)で紹介状発行の申込みをする。
  3. 図書館から紹介状発行の連絡があったら紹介状を受取り、相手先機関に持参する。

※手続上、紹介状が発行されるまで数日かかりますので、ご了承ください。

 

紹介状なしで利用できる大学図書館

学都仙台OPACに参加している大学のうち、下記の大学図書館は、公共図書館の紹介状がなくとも利用ができます。
ただし、利用条件や必要書類などは大学により異なりますので、詳しくは各大学にお問い合わせのうえご利用ください。

 

学都仙台OPACへの継続参加

学都仙台OPACとは、学都仙台コンソーシアム(大学等の加盟校同士や、加盟校と市民・企業・行政等との協業を推進する機関)加盟校等の蔵書目録を同時に検索できる図書館のオンライン蔵書目録のことです。

学都仙台単位互換ネットワークに参加する大学・短大および宮城県図書館、仙台市図書館等の蔵書を同時に検索することができます。
仙台市図書館でも学都仙台OPACに参加し、継続してデータを提供しています。